錦糸町とは…

東京東部最大の都市圏であり、
亀戸地域と合わせて東京都指定の
副都心に策定され、
墨田区と江東区にまたがって
形成されています。
JR総武線・中央線の錦糸町駅と、
東京メトロ半蔵門線の錦糸町駅が
最寄り駅となります。

錦糸町は JR 錦糸町駅を境に、
北口と南口で大きく分断されており、
その印象も変わります。
北口は下町の雰囲気を保ちながら、
きれいな区画と道路から成り立ち、
錦糸公園や大横川親水公園、
すみだトリフォニーホール、
北斎美術館など、
緑が多く、地域の文化拠点です。
スカイツリービューも特徴です。
南口は東京楽天地、PARCO錦糸町、
マルイ錦糸町を中心に、
大型商業施設が連なる商業地区です。
スカイツリー開業後は、
東京観光の拠点として、
ビジネスホテルなども開業し、
更に再開発が進んでおり
注目を集めています。

アクセス

スカイツリー・ソラマチまで

半蔵門線で直通・・・3分
バス(墨田観光バス)・・・10分
徒歩・・・17分

主要駅まで

東京駅まで総武線快速直通・・・8分
千葉駅まで総武線快速直通・・・25分
大手町駅まで半蔵門線直通・・・12分
渋谷駅まで半蔵門線直通・・・28分

錦糸町の魅力

都心への交通アクセスが良い上、
6つの大型商業施設と
二つの映画館があり、
日々多くの方が訪れる、
東京東部最大の駅の一つです。
自然がたくさんあり、
都市と緑が調和していて、
錦糸町駅を中心に5つの公園と
二本の川、四本の橋があります。
墨田の職人の街でありながら、
新日本フィルハーモニーの拠点である、
すみだトリフォニーホールを擁し、
すみだジャズフェスの開催など、
東京の文化の発信地でもあります。
また、たくさんのスカイツリーの
ビューポイントがあり、
日々姿を変えるスカイツリーと
共に過ごす日常がここにあります。

錦糸町の主な公園・施設